カンタービレが訳あり価格並みに激安 2017年度

クラシックを敬遠してる子供たちでも、のだめなら聴きやすいだろうと購入しました。家内曰く「1 千秋編 オーケストラ、2 のだめ編 ピアノ、3 マルレオケと仲間たち編 室内楽、オーケストラ BGM楽曲の3枚も入っていてお買い得!」とのことです。ポイント5倍の時に購入。

4月1日 オススメ商品!

2017年04月01日 ランキング上位商品↑

カンタービレのだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編(3CD) [ のだめカンタービレ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

出来れば、後編の写真ももっと使用して欲しかったかな。最近はTVのかわりにいつもCDをかけています。後編はまだですが!結構いい感じです。ぎゃぼー。きっとこのピアニストさんは情熱的だけどあったかい方なんだろうと!勝手に想像してしまいます。当然、この最終楽章も予約注文しました。原作漫画全23巻、テレビドラマ全13話DVD、テレビアニメ第1・2期全34話の録画DVD、過去発売されたCD10枚、全部持っています。グッズもたくさん持っていマスよ。「のだめ」も好きなのですが、ピアノを弾いているのが、北京オリンピックの開会式でピアノを弾いていた中国人ピアニスト、ラン・ランだということが、購入の決め手でした。一番のお気に入りは!ベートーベン:ピアノソナタ『悲愴』です。映画の中では一部分しか使用されていませんが!全体を通して聴くと!さらに良さがありました。年末と来年4月の映画を見に行くのが今から楽しみです。そうそう!映画を見る前には12月17日に発売される「映画 のだめカンタービレ最終楽章前編 ガイドブック」は必読デスよ。願わくは、もっとランランのピアノを入れてほしかったです。小さい息子がはまって1日中聞いて、クマのぬいぐるみをマングースにたとえて、一緒に踊っています。もともとクラシックがすきですが、のだめを見てのだめのなかで流れてる曲があらためてきけて良いCDですね。ダイナミックな音色もあれば、抑制のきいたしっとりした音色、遊びごころたっぷりな表現、あたたかみのある音色など、毎回聴くたびにひかれます。3枚組なので聴きごたえがあります。映画が気に入ったので購入。映画館でみてから購入を決めてました。1月から始まるテレビアニメ第3期も必見デスよ。映画に行く前に買ってたので映画でもこの曲聞いたことある〜って感じで映画を楽しく見れました。アップテンポの曲も映画の場面場面が思い起こされ、安らぎの気持ちが生じるようで、胎教に良いようです。代表的な楽章をまとめて聞けるのでとても満足しています。1枚目の千秋編の曲が特に気に入ってます。プレゼントしたこちらも嬉しいです。(ここで終わるの?はファンなら持っているはずです)ランランの演奏が入ってこのお値段とても安いです。のだめの影響も大で!ピアノを習いだしたくらいです。それから...もじゃもじゃ組曲のピアノと絡む歌声のような音は「テルミン」というちゃんとした楽器です!怖がらないで〜♪買ってからだいぶたってのレビューです。発売日に届いて満足です。久しぶりにまた聴いています。中にはここで終わるのーっ!と!いうのもありますが!3枚組でこのお値段ならクラシックファンでもOKだと思います。 最初は100曲が収録されたCD(1枚)が欲しいといわれたのですが、100曲ともなると1曲あたりがサビ部分だけでフェードアウトしてしまうため、キチンと1曲1曲が収録されているこちらのCD(3枚)にしました。とても良かったです!大きめの音量で聞くと映画の場面が思い出されて!すごく感動できます。映画を見た後に!妻の胎教のために買いました。。他ののだめのCDでは!楽章ですら最後までではなく!途中でフェードアウトだったり!評判よろしくないのもありますけど!こちらは一応勘所の音楽はきちんとおさめられていますのでいいかなと思います。ただ!1812年が映画と同じく省略箇所があって残念だったので!星を一つ減らしました・・・映画を見て!いい曲がいっぱいだなと思っていたので購入しました。欲を言えば、ダメダメな「ボレロ」がボーナストラックで入ってたら面白かったんですが(笑)さすがに難しいですかね。二人の物語はこの楽章で始まりました。すっかりフィギュアからクラシックにはまってしまった姉の要望で購入しました。のだめLIVE!のCDと聞き比べて見ると、同じ楽章でも全く違います。映画を見て以降!オーケストラの楽曲に興味をひかれたので購入してみました。思ってたよりも反応薄いですが!BGMで流してます。2楽章がなくて残念ですが!映画の中では本当に1楽章も少しですぐ3楽章に飛んでしまい!音楽を楽しめないので!こちらのCDを買ってよかったです。通勤の車中などで聞いているらいしですが!非常に満足しているとのことです。家族で「のだめ」ファンです。封入されている”クラッシック読本”は映画の写真や漫画のイラストに曲の解説、こちらもとても良かったです。1812年いい曲です。豊かな余韻に満ちた、完成されたのだめを感じました。エーデルマンが弾くバッハのピアノ協奏曲がちゃんと聴きたくて購入しました。